SCROLL

絹織物〈KINUORIMONO〉

着物のために染色する前の白い絹織物を「白生地」と呼びます。
ご皇室にもお使い頂いている上質な生地で、和装業界では広く知られている、白生地の専門メーカー・京都室町「伊と幸」による「日本の絹」です。
着物として身を装う絹織物が、今、インテリアとして、また空間装飾・内装資材として、建装にも使われており注目されています。

良い素材は、その原材料から大切になります。
生糸を繰り出す繭質にもこだわり、1996年(平成8年)より、国内の契約養蚕農家にて、日本古来の優良蚕種の一つ【松岡姫】の生産が開始されました。
【松岡姫】は、繭・生糸から白生地までの日本初の統一商標で、合わせガラスや樹脂ラミネートによって、耐久性を上げ、建装資材、家具用にも転用されています。

絹織物には、「地紋様」といって織紋様があります。
歴代の図案家や職人が培った伝統的な図案に、現代の新たな感性を加味して織り出します。
また、「伊と幸」の白生地を使用する染め工房や、刺繍・金彩職人は、高い技術を保持されており、現代空間の内装資材として、織染双方の技が生きています。

歴史に残る名品は、やはり素材から吟味されています。
良い白生地があるから、良い染めが可能になります。
例えば、手描き友禅、京型染、絞り染め、金彩工芸、日本刺繍は、高品質な白生地があってこそ成り立つ伝統技術です。
「建装」デザインにおいても、着物の伝統技法を用いながら、今の感性に融合させ、現代空間へ新たな彩りをご提案します。

一覧に戻る

Concierge

JAPAN LUXの詳しいお問い合わせは。

ご相談予約フォームやお電話でも、
専門スタッフによるご相談予約を承っております。

ご相談はこちら