SCROLL

金属着色〈KINZOKU CHAKUSHOKU〉

唯一無二の発色と質感。

腐蝕の生み出す無限の色。
魔法のように浮かぶ模様。
一枚の金属に、職人の手とイマジネーションで、
千変万化の表情を描く独自の技法は、
どこにもない、オリジナルの発色をもたらします。

銅をはじめとする金属素材に
新たな表情をつくりだす、着色伝統技。

400年の伝統に培われ、高度な鋳造技術が集積する町、富山県高岡。
モメンタムファクトリー・オリイは、昭和25年に折井着色所として創業以来、当地の伝統技術を受け継ぎ、仏像、梵鐘、茶道具や美術工芸品に至るまで、さまざまな鋳造品の着色を手がけてきました。

「着色」とは、塗装ではありません。
銅や真鍮が持つ腐食性を利用し、薬品や炎をコントロールして、鮮やかな色彩を発色させる伝統技術です。
当社は、鋳造品でしか表現できなかった伝統着色技法を発展させ、1mm以下の薄い銅板への発色を成功させました。銅や真鍮から引出される本物の色彩にこだわり、可能性を追求し続けています。

一覧に戻る

Concierge

JAPAN LUXの詳しいお問い合わせは。

ご相談予約フォームやお電話でも、
専門スタッフによるご相談予約を承っております。

ご相談予約はこちら