SCROLL

Gallery

施工実績紹介

C様邸桐箪笥

物件種別 マンション
所在地 台湾 台北
リノベーション概要 最上級桐箪笥設置
プランニング期間 3ケ月
施工期間 1期:2019年6月 2期:2019年11月 3期:2020年11月(予定)

日本の桐箪笥の精細な美しさに魅せられて

台湾に住むご夫婦が、桐箪笥の美しさに魅了され、ご相談を受けたことから今回のプロジェクトは始まりました。
桐箪笥は、美しさばかりではなく、桐と漆による、木の呼吸を活かした製法であることをお伝えしたところ、大変共感をいただけました。

ただ、ご自宅である海外への設置であったため、気候風土の問題や繊細な仕上がり維持するための輸送の問題、等々克服しなければならない課題をたくさん抱えているプロジェクトでした。

自然の色合いを活かす漆塗りをお届けするために

3期に渡る工期でのプロジェクトですが、工期ごとに品質や色合いの違いが生じてしまっては全体的な美しさが損なわれます。
天然木や漆など、自然素材を扱いながら、均質な仕上がりを実現するには、経験の深い、熟練の職人芸を必要とします。
現地調達で賄えるもの、日本の技術でなくては実現できないもの。
それぞれを最適に管理しながら慎重にプランニングを進め、お施主様のご要望を具体的に図面上に落とし込んでいきました。

お施主様のご要望から新しい世界が広がる

お施主様はとても造詣の深い方で、わたしたちのご提案に対しても、常にご興味をもたれ、またそこからインスピレーションを得て、曖昧だったお施主様のイメージがどんどん具体化していく対話が続きます。
大きさや仕掛けなど、日本の伝統的な桐箪笥からは想像もつかないようなアイディアも飛び出し、そのひとつひとつをデザインし、最終的な形ができあがっていきます。

驚くべきはそのサイズ!

お施主様のご自宅に設置する空間ぴったりに収めて欲しい、というご要望から、
日本では考えられないような、ご自宅の高い天井高までいっぱいの特大箪笥となりました。
もちろん上の扉には手が届きませんが、機能性を度外視して、納まった様はまさに壮観。
ラグジュアリー空間にふさわしい存在感です。

最高の品質を求めて

柔らかで大型の桐箪笥を運ぶ輸送の問題も運輸会社様との打ち合わせを重ねクリア。
また湿度の高い現地の気候を考慮して、箪笥の板の調整を行うなど、最高の品質のままご自宅に設置されることろまでをお手伝いしました。
納まりを美しく保つために、コンマ何ミリの施工精度で調整していきます。
この結果、他にはあまり例のない桐箪笥がある空間が誕生し、現地の風土の中でも開閉がスムーズな箪笥を設置することができました。

「最高の桐箪笥を、最高の職人さんたちに設置頂けたことは、最高の幸せです」
と満面の笑みで語ってくださったお施主様の言葉が身に染みるプロジェクトとなりました。

経年による色の変化などもお楽しみ頂きつつ、末長く使って頂きたい逸品を収めることができました。

一覧に戻る

Concierge

建装デザインをもっと知りたい方もお気軽にご相談ください。

ご相談予約フォームやお電話でも、
専門スタッフによるご相談予約を承っております。

ご相談予約はこちら